ストレスは敏感肌につながるの?肌の不調と敏感肌の関係について

「ストレスは敏感肌と関係があるのかしら?」

仕事が忙しい方やうまくいかないことが多くてストレスがたまったとき、お肌の調子が良くないと感じるかも知れません。

ストレスはお肌の不調を招くといわれていますので、ストレスは敏感肌につながることもあるといえます。

そこで、ストレスが敏感肌にどのように関係するのかを調べてみました。

ストレスと敏感肌の関係

忙しい毎日で身体に負担をかけたり、気持ち的に不安や悩みが続くと、身体にストレスがたまると言われています。

では身体にストレスがたまると、身体はどのようなるのでしょうか?

身体にストレスがたまると、いろいろな影響が身体に出てくるといわれていますが、その一つがホルモンバランスの乱れといわれています。

ホルモンとは、身体を健康に保つためにとても大切な役割を担っている成分ですので、ホルモンバランスが乱れると、身体の健康も乱れてしまいます。

身体の健康が乱れると、お肌の健康も乱れることにもつながってしまいます。

このように、ストレスを身体に受けることによって、お肌の健康にも影響を受けることが分かりました。

肌の健康と敏感肌について

お肌の健康が乱れると、お肌は敏感になるのでしょうか?

お肌の健康が乱れたからといって、一概にお肌が敏感になるとは限りません。

ただ、お肌の健康が乱れることによって、お肌が敏感になりやすくなります

お肌の健康が乱れるとどうなるの?

お肌の健康が乱れるとはどのようなことかといえば、お肌の生まれ変わりが上手く行われなくなったり、バリア機能が弱くなってしまうことがあげられます。

お肌の生まれ変わりが上手く行われなくなると、古い角質やメラニン色素が肌に残りやすくなりますので、シミやくすみといった肌トラブルにつながります。

そして、お肌のバリア機能が弱くなると、お肌は外部の刺激に反応しやすくなってしまいます。

このように、お肌のバリア機能が弱くなってヒリヒリや赤みを生じる症状のことを敏感肌と呼ぶのですね。

以上のことから、ストレスはお肌の不調を招き、お肌の不調は敏感肌を招くといえるのです。

まとめ

ストレスが敏感肌の原因になるのかをご紹介してきました。

敏感肌の主な原因は、お肌のバリア機能が弱くなることがあげられます。

では、お肌のバリア機能が弱くなる原因は何かというと、その要因の一つがストレスによるお肌の健康の乱れなのですね。

ですので、ストレスは間接的に敏感肌の原因になると言えることが分かります。

敏感肌対策では、お肌の潤いを落とさないことが大切ですが、ストレスを軽減してお肌の健康を保つことも大切。

スキンケア以外での敏感肌対策を始めようとお考えのときには、ストレスの原因になる身体や心の負担を少なくすることに取り組まれてみてはいかがでしょうか?

敏感肌とストレスの詳しいサイトはこちら