敏感肌とダブル洗顔について~泡立たないクレイ洗顔料がおすすめ

「お肌が敏感なときにはダブル洗顔をしない方がよいの?」

お肌が敏感になっているときには、ダブル洗顔をしない方が良いのか迷われるかも知れません。

結論から言えば、お肌が敏感になっているときやお肌が敏感な方には、ダブル洗顔はおすすめしません。

そこでこれから、敏感肌とダブル洗顔の関係についてご紹介していきたいと思います。

敏感肌とダブル洗顔の関係について

敏感肌対策では、お肌の潤いを保つことが大事といわれています。

お肌の潤いはお肌を外部の刺激から守ってくれる役割を担っていますので、外部の刺激に強くなるためには、お肌の潤いが大切なのですね。

では、ダブル洗顔はお肌の潤い維持に良いスキンケアといえるのでしょうか?

実際のところ、洗顔はお肌の潤いをもっとも落としてしまうスキンケア。

ですので、ダブル洗顔は、お肌の潤いをとても落としてしまいがちなスキンケアといえるのです。

ダブル洗顔後にいつもお肌がつっぱるとお感じのときには、お肌の潤いが落ちている状態。

お肌の潤いが落ちると敏感肌につながりますので、敏感肌の方はできれはダブル洗顔をしない方がよいといえますね。

ただ、お化粧をする方にとっては、お化粧をちゃんと落とすためにダブル洗顔が必要といえます。

そこで、敏感肌の方にもおすすめできるダブル洗顔の方法を調べてみました。

敏感肌におすすめのダブル洗顔とは

ダブル洗顔はお肌の潤いを落としがちな洗顔方法ですので、お肌のためにはできれは避けたい洗顔方法といえます。

ですが、普段お化粧をされる方はお化粧をしっかりと落とすことが美肌を保つために必要ですので、お化粧を落とすダブル洗顔は必要といえます。

以上のように、お化粧をされる方はダブル洗顔が必要といえますが、なるべくお肌の潤いを残すダブル洗顔を行いたいものですよね。

では、どのようにすればお肌の潤いを残すダブル洗顔が可能なのでしょうか?

お肌にやさしいダブル洗顔の方法

その方法の一つは、濃いメイクをしないことになります。

濃いメイクをすると、どうしても洗浄力の強いクレンジングを使うことになります。

洗浄力の強いクレンジングはどうしてもお肌の潤いを落としてしまいます。

すると、お肌は乾燥しがちになってしまうのですね。

ですので、敏感肌の方やお肌が敏感になっている方は、クレンジングで落としやすいあっさりメイクがおすすめといえます。

お肌にやさしいダブル洗顔をする方法の2つ目は、お肌にやさしい泡立たないクレイ洗顔料を使うこと。

クレンジングでメイクを落としたあと、洗顔料でメイク以外の汚れを落とす必要があります。

このときに、洗浄力の強い洗顔料を使うと、お肌の潤いを落としてしまうことになりますので、できれは洗浄力のあるお肌にやさしい洗顔料を使いたいものですよね。

そこで、このようなときに使いたいのが、泡が立たないクレイ配合の洗顔料といえます。

クレイとは粘土のことですが、粒子が小さく汚れをくっつけるクレイは、毛穴の中までししてくれっかりときれいにしてくれます。

クレイ配合の洗顔料には、せっけんの泡が立つ洗顔料とせっけんの泡が立たない洗顔料がありますが、せっけんの泡が立たないクレイ洗顔料でも、汚れをしっかりと落としてくれる製品もあります。

ですので、お肌が敏感なときには、せっけんの泡が立たないクレイ洗顔料を使うのがおすすめといえるのですね。

まとめ

敏感肌とダブル洗顔の関係をご紹介してきました。

敏感肌対策ではお肌の潤いをしっかりキープすることが大切ですが、ダブル洗顔はお肌のうるおいを落としてしまうスキンケアといえます。

ですので、お肌が敏感なときには、あっさりメイクを心がけること、そして、洗浄力の強すぎないクレンジングと泡立たないクレイ洗顔料を使うことが大事であるとお話ししました。

敏感肌対策では保湿化粧品を使うことも大事ですが、クレンジングの方法を変えることも大事といえます。

洗顔から敏感肌対策を始めたいときには、今回ご紹介しました敏感肌対策におすすめのダブル洗顔の方法をお試しになってみていはいかがでしょうか?