自分でできる3つの敏感肌対策とは~ビタミン・スキンケア・タオル~

敏感肌対策では何をすればいいの?

お肌が敏感になるとヒリヒリしたりチリチリしたりと、ストレスを感じてしまいますよね。

そこでこれから、自分でできる3つの敏感肌対策をご紹介していきたいと思います。

自分できる3つの敏感肌対策とは

自分でできる3つの敏感肌対策をはじめてみませんか?

自分でできる3つの敏感肌対策

  1. ビタミンB群を摂取
  2. 保湿を考えたスキンケアを行う
  3. お肌への摩擦を減らす

ビタミンB群を摂取

自分でできる敏感肌対策の1つ目は、ビタミンB群を摂取すること。

ビタミンB群は皮膚や粘膜の健康に欠かせないビタミンですので、ビタミンB群が不足するとお肌に影響が出てくるといわれています。

どのようにお肌に影響が出てくるのかというと、お肌の生まれ変わりが上手く行われなかったり、お肌そのものの元気がなくなってしまうということです。

お肌の元気がなくなってくると、外部の刺激に弱くなりヒリヒリやチクチクといった刺激を感じるようになることもあります。

お肌がヒリヒリしたりする状態のことを敏感肌と呼ぶのですね。

ですので、お肌の元気を保つってヒリヒリなどの刺激を感じないようにするためには、ビタミンB群の摂取が必要なのです。

ちなみに、ビタミンB群の中でもお肌の健康を保つためにはビタミンB2が大事と言われています。

お肌に元気がないとお感じときには、ビタミンB2がメインで配合されているサプリメントを摂取することが敏感肌対策では有効になってきます。

保湿を考えたスキンケアを行う

自分でできる敏感肌対策の2つ目は、保湿を考えたスキンケアを行うこと。

お肌が敏感になる原因には、お肌のバリア機能の役割があるお肌の潤いが弱くなることがあげられます。

ですので、敏感肌対策ではお肌の潤いをキープできるような保湿化粧品を使うことが大事と言えます。

また、敏感肌対策ではお肌の潤いを落としがちな洗顔方法を変えることも大事になってきます。

お肌が敏感なときにはなるべく洗浄力の強くないお肌にやさしい洗顔料やクレンジングを使うようにしましょう。

クレンジング不要の化粧品を使ったあっさりメイクは、洗顔で落としやすいメイクといえます。

お肌が敏感なときには、あっさりメイクもおすすめの敏感肌対策といえるのですね。

お肌への摩擦を減らす

自分でできる敏感肌対策の3つ目は、お肌への摩擦を減らすということ。 

普段、タオルやティッシュをお肌に使うとき、優しくお肌に使用していますか?

お肌が敏感になっているときには、できるだけお肌の負担になる摩擦は避けたいもの。

お肌が摩擦をうけると、お肌の表面が荒れてヒリヒリなどの刺激を感じやすくなってしまいます。

ですので、洗顔後にタオルを使うときやティッシュを使うときは、お肌にやさしく使うように意識して、お肌に負担をかけないようにすることが大切といえるのです。

まとめ

自分でできる敏感肌対策をご紹介してきました。

敏感肌対策で大切なことは、まずはお肌の元気を保つこと。

そして、お肌の潤いを守ることやお肌に摩擦などの負担をかけないことも大切であることが分かりました。

お肌が敏感になる原因にはいろいろな要因がありますが、普段のライフスタイルが敏感肌の要因になっていることもあります

敏感対策を始めたいけど何をしたら良いのかお悩みのときには、今回ご紹介しました自分で敏感肌対策を始められてみてはいかがでしょうか?