敏感肌におすすめの美白成分とは~コウジ酸

美肌を目指す方は、お肌の美白も気になるものですよね。

でも、美白成分配合の化粧品はお肌に刺激が強いともいわれています。

ですので、敏感肌の方が美白化粧品を使うと、お肌の負担になりがちに。

ただ、美白成分にもいろいろな成分がありますので、敏感肌の方でもお肌の負担になりにくい美白成分があるはずです。

そこで、敏感肌でも負担になりにくい美白成分について調べてみました。

敏感肌と美白成分の関係

美白成分には色々な成分がありますが、人気の美白成分といえはハイドロキノンやビタミンCですよね。

人気の美白成分

  • ハイドロキノン
  • ビタミンC

では、実際にハイドロキノンやビタミンCは、敏感肌でも安心して使えるのでしょうか?

ハイドロキノンと敏感肌の関係

ハイドロキノンの特長は、強い美白効果が期待できる代わりに、お肌への負担が大きい成分といわれています。

また、その美白効果の強さから、2002年までは化粧品に配合することができず、医師の処方のもとにおいてのみハイドロキノンの使用が許されていました。

ですので、化粧品にハイドロキノン配合の美白化粧品は、ハイドロキノンの濃度が低いとはいえやはりお肌の負担になると思います。

実際に、ハイドロキノン配合の化粧品の口コミを調べてみると「刺激がある」という感想もあります。

ですので、敏感肌の方には美白成分ハイドロキノンはおすすめできないと思いました。

ビタミンCと敏感肌の関係

ビタミンCには、メラニン色素の生成をおさえシミそばかすを予防する作用があります。

ビタミンCは、もともと身体に必要な成分ですので、敏感肌の方でもつかえる美白成分といえます。

ただ、美白効果を高めるためにビタミンCの濃度が高い化粧品を使うと、お肌が乾燥することがあります。

ビタミンCには、メラニン色素を抑える作用がありますが、同時に皮脂分泌を抑える作用もあります。

皮脂はお肌を守るバリア機能を保つために必要な成分ですので、皮脂分泌が少なくなるとお肌のバリア機能が弱くなりお肌が敏感になってしまうのですね。

ですので、ビタミンC配合の美白化粧品を使うときには、お肌が乾燥しないように気を付ける必要があります。

敏感肌の方には美白成分コウジ酸がおすすめ

美白作用がある成分にはいろいろな成分がありますが、敏感肌の方におすすめできる成分はコウジ酸かなと思います。

コウジ酸は、みそやお酒を造るときに使われる麹菌が作る天然の美白成分。

ですので、コウジ酸はお肌への負担も少なく敏感肌の方でも使いやすい美白成分といえるのですね。

コウジ酸は厚生労働省より「メラニン色素の生成をおさえシミそばかすを予防する効果」が認められています。

「美白化粧品を使いたいけどお肌への負担が心配…」とお悩みのときには、コウジ酸配合の美白化粧品をお試しされてみてはいかがでしょうか?