敏感肌と無添加せっけんの関係とは~無添加せっけんって何?

敏感肌の方にとって、毎日洗顔で使う洗顔料は「無添加せっけんがいいの?」なんて思ってしまいますよね。

では、本当に無添加せっけんは、敏感肌の方にとって安心して使える洗顔料といえるのでしょうか?

そこでこれから、敏感肌の方におすすめの洗顔料についてご紹介していきたいと思います。

敏感肌と洗顔料について

無添加せっけんというと、何となくお肌にやさしそうな響きがしますので、敏感肌の洗顔料にも良さそうと感じます。

では、無添加せっけんとはどのようなせっけんなのでしょうか?

無添加せっけんとは

無添加せっけんの定義を調べてみると、無添加せっけんの定義は決まっていないようで、なんとなく次のような定義が一般化していることが分かりました。

無添加せっけんの一般的な定義

  • 合成界面活性剤不使用
  • 着色料・香料・防腐剤など添加物不使用

一般的な無添加せっけんの定義は、「合成界面活性剤不使用」と「着色料・香料・防腐剤などの添加物不使用」というイメージであることが分かりました。

合成界面活性剤不使用で香料・防腐剤などの添加物が入っていない無添加せっけんは、お肌にやさしそうな洗顔料という感じがしますね。

ただ、無添加せっけんには、合成界面活性剤は入っていないといいますが、界面活性剤は入っていますので、やはりお肌への負担になってしまいます。

分かりやすくいうと、無添加せっけんをたくさん泡立てて洗顔すると、お肌の潤いを落としてしまうということですね。

また、ほとんどの洗顔料には合成界面活性剤は入っていますが、値段によって、お肌の負担の高いものから無添加せっけんより負担の少ないものもあると思います。

無添加せっけんより負担の少ない洗顔料とは、せっけんの泡が立たない洗顔料であったり、保湿成分がちゃんとバランスよく配合されてる洗顔料のこと。

ですので、敏感肌対策では、無添加せっけん・普通の洗顔料に関係なく、お肌の負担が低くなる成分を選ぶ必要があるといえます

敏感肌におすすめの洗顔料とは

敏感肌におすすめの洗顔料は、まずは洗顔に必要がない着色料や合成香料が配合されていない洗顔料といえます。

次に、お肌の潤いを落としすぎない洗浄力が強すぎない洗顔料。

そして、洗顔ではどうしてもお肌の潤いが落ちてしまいますので、できれば保湿成分が配合されている洗顔料を選ぶことが大事といえます。

以上のことをまとめると、敏感肌におすすめの洗顔料は「洗顔料に必要のない成分が入っておらず、お肌の潤いをなるべく落とさず、保湿成分が配合されている洗顔料」といえることが分かりました。

まとめ

敏感肌対策で一番大事なことは、お肌の潤いを保つことといえます。

なぜかというと、お肌の潤いには、お肌を外部の刺激から守ってくれるバリア機能の働きがあるからなのですね。

ですので、敏感肌対策では、お肌の潤いを保つ洗顔料が一番大切といえるのです。

では、無添加せっけんはお肌の潤いを保ってくれる洗顔料なのでしょうか?

この点については、使用する無添加せっけんの洗浄力によって変わってきますので、一概に「無添加せっけんだからお肌の潤いを守ってくれる」とはいえないのですね。

先ほどもお話ししましたように、敏感肌対策で使いたい洗顔料は「洗顔料に必要のない成分が入っておらず、お肌の潤いをなるべく落とさず、保湿成分が配合されている洗顔料」です。

この条件を満たしてくれる洗顔料は、いろいろとあると思います。

ですので、敏感肌対策用の洗顔料をお探しのときには、以上の条件を満たした洗顔料をお選びになってみてはいかがでしょうか?

ちなみに、敏感肌対策に使いたい洗顔料の一つとして、せっけんの泡が立たないクレイ洗顔料がおすすめです。

クレイ洗顔料はせっけんの泡が立たなくてもきちんと汚れをとしてくれますので、敏感肌用のせっけん選びで迷われたときには、泡立たないクレイ洗顔料をお試しされてみてはと思います。