敏感肌の基礎基本のまとめ

お肌がヒリヒリしたり赤みが出やすい方は、「自分は敏感肌なのかも」と思うかも知れません。

では、敏感肌とは、実際にどのようなものなのでしょうか?

敏感肌についての基礎基本を調べてみました。

敏感肌とは

敏感肌とは、お肌がヒリヒリやかゆみなどの刺激を感じやすい肌質のことをいいます。

ですので、もともと刺激を感じやすいお肌や、体調などによってお肌に刺激を感じやすくなるお肌など、いろいろな症状の敏感肌があります。

敏感肌の症状にはどのようなものがあるの?

敏感肌の症状はお肌がヒリヒリしたりする症状が一般的ですが、お肌がヒリヒリしたリする症状のほかにも敏感肌といわれる症状はあります。

敏感肌の症状

  • お肌がヒリヒリする
  • お肌にかゆみを生じる
  • お肌が赤みを帯びる
  • お肌が炎症を起こす
  • 体調によって吹き出物ができる
  • お肌が荒れやすい
  • などなど…

以上のような症状が、一般的に敏感肌と呼ばれるお肌の症状になります。

ただ、お肌にかゆみを生じる症状について、強いかゆみを伴う慢性的なお肌の症状は、敏感肌ではなくアトピー肌と呼ばれる症状になるそうです。

敏感肌になる原因

敏感肌になる原因には、いろいろな要因があると考えられています。

敏感肌になる原因

  • 体質的なもの
  • お肌の乾燥によるもの
  • 体調によるもの
  • ホルモンバランスによるもの
  • 季節によるもの

敏感肌になる原因は、もともとお肌が弱いことが要因としてあげられます。

そのうえで、洗顔や間違ったスキンケアでお肌の潤いを落としてしまうと、お肌が乾燥してヒリヒリなどの刺激を感じやすくなってしまいます。

冬など空気が乾燥する時期なども、お肌が乾燥しやすいですので、お肌が敏感になりやすい要因といえますね。

また、体調やホルモンバランスの変化によっても、お肌の調子が悪くなり、ちょっとしたことでお肌に炎症が起きやすくなることもあります。

このように、敏感肌の原因にはさまざまなものがあるのです。

敏感肌対策

お肌がヒリヒリしたリ炎症を起こさないようにするために、何をしたら良いのでしょうか?

敏感肌の原因の一つには、お肌のバリア機能が弱くなっていることがあげられます。

お肌は、お肌の表面にあるバリア機能(角質層)によって、外部の刺激や乾燥から守られています。

ですので、敏感肌を改善するためには、お肌のバリア機能を高める必要があるのですね。

お肌のバリア機能を高めるためには

お肌のバリア機能を高めるために一番大切なことは、お肌の潤いを落とさないこと。

お肌の潤いはお肌のバリア機能の一部ですので、お肌の潤いを落としてしまうと、バリア機能も弱くなってしまいます。

ですので、バリア機能を保つためにはお肌の潤いを落とさないことが大事なのです。

お肌の潤いは洗剤によって落ちやすくなりますので、敏感肌の方や敏感肌対策では、洗浄力の強い洗剤を使わないことが大切になってきます。

お肌のバリア機能を保つためのもう一つの方法は、お肌を乾燥から守るために保湿クリームを塗ること。

保湿クリームはお肌を乾燥から守ってくれますので、お肌が乾燥しているときには保湿クリームでお肌が乾燥しないようにしましょう。

まとめ

敏感肌の原因は、体質的な要因によって起きることもありますし、間違ったスキンケアによって起こる場合もあります。

お肌が敏感になる要因は色々なものがありますが、その要因の一つはお肌のバリア機能が弱くなっているために起きてしまいます。

ですので、敏感肌対策ではお肌のバリア機能を守ることが大切ということが分かりましたね。

お肌のバリア機能を守るためにはお肌を乾燥から守ることが一番大事ですので、お肌が敏感になっているときには、お肌の潤いを守るスキンケアを行っていきましょう。